投稿日:

よもぎ蒸しで使った、抽出液とよもぎのパックを入浴剤として使ってみました

1回目に行ったときに、蒸したよもぎのパックと抽出液をいただきました。
サロンのスタッフの方によると、入浴剤として使えるとのことでさっそく使ってみました。

あの独特な香りがバスルームに。
すこし慣れてきましたが、やはりまだ好きになれない香りです。

草餅ってよもぎの葉を使っていると思うのですが、祖母がよく買ってきてくれて美味しく食べていた記憶があるのに、なぜ蒸すと苦手な香りになるのか?不思議です。

どのように使うのか?

入浴剤1日目は、抽出液だけを湯船に注ぎます。
2日目は、ティーパック状に袋詰めされていた蒸された後のよもぎを湯船にそのまま入れます。

冷蔵庫に保管すれば1週間ほどは持つみたいですが、それも抵抗があったので、2日で使い切りました。抽出液もティーパックも何回か使えるとのことだったので、贅沢に2回で使い切ったことになりますね。

やはり効果としては、サロンでよもぎ蒸しをするのが一番です。

よもぎ抽出液の入浴効果は?

肌がつるつるになって温まりました。
特に2日目のティーパックで肌を優しくこすると良いですよとアドバイスされていたので、やってみたら良い感じでした。
また、サロンのよもぎ蒸しだけで終わらず、よもぎを使い切った!という満足感がありました。

普段は日本酒風呂に入っていてそちらのほうが温まりは良いですが、たまに違ったものを使うと気分転換になりますね。